大高酵素

大高酵素のご注文はこちら

大高酵素を世界中の皆様へ

大高酵素を世界の皆様へ 1930年頃、世界初となる植物エキス醗酵飲料が、北海道の大地で産声をあげました。大高酵素と呼ばれるこの「植物エキス醗酵飲料」とは何なのか。漢方薬舗しおみの杜では、酵素飲料を必要とする世界中の皆様へ、その素晴らしさを最大限お伝えしていきたいと思います。

 植物エキス醗酵飲料とは、種々多様な植物(約50種類)から自然抽出したエキスを醗酵させた、酵素飲料を指します。

大高酵素を銀座で試飲しませんか

大高酵素を銀座で試飲 先ずは大高酵素の酵素飲料を試飲しませんか。酵素飲料は生で飲むのが一番ですが、水割り、お湯割り、炭酸割りと飲み方も様々です。生姜を大高酵素で浸け、炭酸で割る酵素ジンジャーエールも大変好評です。

 当店は歌舞伎座タワーからほど近い、銀座三丁目の昭和通り沿いにあります。東銀座駅A7出口を出ると看板が見えます。お気軽にご来店下さい。

大高酵素の製造の様子を銀座で紹介してます

大高酵素の製造の様子を銀座で紹介 大高酵素がどのように作られているか気になりませんか。当店では大高酵素が製造される様子を、包み隠さず動画で紹介しています。原料の仕込み、植物エキスの自然抽出、揚げ作業、自然発酵の様子が分かります。

 原料の仕込みで使う実物の杉樽も用意しています。昔ながらの酒や味噌、醤油造りと同じ秋田杉を使った杉樽です。

大高酵素は新陳代謝を促す飲む点滴

大高酵素とは 大高酵素を一言で例えるなら、新陳代謝を促す飲む点滴です。植物エキス醗酵飲料は、動物性の脂肪・タンパク質類は一切含まず、エネルギー源と、新陳代謝を促す生理活性物質を多く含んでいます。
成分構成としては、生命維持に必要なクリーンエネルギー(ブドウ糖・果糖・オリゴ糖類)、新陳代謝に必要なビタミン・ミネラル類、アミノ酸類、有機酸類、そして自然のバランスのままの豊かな微量成分などからなっています。

大高酵素はすでに消化済みの食べ物
 大高酵素の製造過程では、人間の胃腸などの消化過程とほぼ同じことを、発酵微生物による発酵が代わりに行っています。50種の野菜や果物などの原料を、てんさい糖でまぶし、てんさい糖の浸透圧で芳香物質などのエキスを抽出します。抽出液は植物酵素や発酵微生物が関与し、醗酵熟成され大高酵素が出来上がります。大高酵素はすでに消化済みの食べ物として、胃腸ではそのまま吸収されるため、身体の負担が軽減されます。

大高酵素のご注文はこちら

酵素飲料は醗酵された最終的な代謝産物

大高酵素と聞いて、酵素飲料そのものが酵素と思われ、身体に良い酵素を摂取できると理解されがちです。しかし、酵素はアミノ酸が何百個もつながっている分子構造の大きなタンパク質なので、酵素そのものを腸管から吸収することはできません。基本的に腸管を通り抜けできるサイズはアミノ酸1~3個なので、一度はアミノ酸にまで分解される必要があります。ここで重要なのは人の体内で活動する酵素と食由来の酵素は同一ではない点です。

 大高酵素や酵素飲料といった呼び方に誤解が生まれる原因があるかもしれません。大高酵素または酵素飲料とは、野菜、果物などの自然由来の多種多様な微生物群が持つ酵素によって、醗酵された最終的な代謝産物といえます。こうした代謝産物は、体内に吸収されてエネルギーになるだけでなく、腸内では善玉菌のエサとなり、腸内細菌叢が改善され、腸内の免疫力の向上にも繋がります。

リーキーガット症候群 腸管壁浸漏症候群

リーキーガット症候群とは腸粘膜の状態が悪化し、腸漏れを起こしている状態です。腸の粘膜に穴があいている状態とも表現されます。腸の粘膜上では身体にとって必要なものを取り込み、不必要なものを取り込まないといった選別作業が行われています。リーキーガット症候群になると、身体にとって不必要な有害物質が取り込まれ、消化器系をはじめ、免疫、皮膚、精神系など諸々のトラブルを引き起こします。
リーキーガット症候群に対しては、食生活を見直し、腸内環境を改善することが大事です。また消化酵素の不足が原因と指摘されていることから、適宜に胃腸を休ませることも、胃腸の環境改善にも繋がります。

 大高酵素は製造過程で多種多様な微生物群によって醗酵された最終的な代謝産物で、その結果、低分子化された成分が多いのが特長です。リーキーガット症候群の原因の一つとされる「未消化タンパク」などを含まず、胃腸に負担をかけずに吸収されます。また大高酵素に含まれるオリゴ糖は腸内の善玉菌を増殖させ、腸内環境を改善する働きがあります。

酵素ファスティングはあなたを救う

ファスティングとは断食療法や絶食療法を意味します。酵素ファスティングとは、植物エキス醗酵飲料で一定の栄養源を採りながら行う断食療法です。最初から消化済みのものを摂ることによって、胃腸の働きを借りなくてもそのまま吸収されてエネルギーとして代謝することができます。身体の各関連臓器の無駄な消耗を避け、大高酵素により栄養面でバックアップできるので、結果として、身体に休養と栄養を同時に与えることになります。
ファスティング期間中は、大高酵素と水分類のみで一定期間を過ごします。きちんと大高酵素を飲んでいれば必要なエネルギーが確保されるため、空腹感もありません。

 酵素飲料は様々なメーカーから発売されていますが、酵素ファンスティングを行う場合、当店では大高酵素をお勧めします。消化済みのクリーンな食べ物として、食事の代用になり、長年の経験からその安全性、有効性が確認されているからです。大高酵素の酵素ファスティングでは、近年注目されている細胞のオートファジー(自食作用)と呼ばれる浄化システムも活発になり、健康やダイエットだけでなくアンチエイジングにもつながります。

そもそものファスティングの効用とは?

老廃物を排泄し、血液をアルカリ側に整えることがファスティングの大きな目的の一つです。病原微生物は酸に向かって繁殖するので、血液がアルカリ側に強くなると、病原微生物はほとんど繁殖することができません。ファスティングの効用は様々言われていますが、代表的なものをみてみましょう。

1.病的な細胞の再生

ファスティング中は、これまで飲食物の消化のために消費されていたエネルギーが、免疫や組織を再生する過程に回されます。衰弱した組織や細胞から有害物質が除去され、病的な細胞が正常な細胞に戻りやすくなります。

2.消化器系の内臓をリフレッシュ

胃や十二指腸、大腸、脾臓、肝臓、腎臓は食品に含まれるタンパク質や炭水化物、脂肪の代謝を行います。脂肪の多い食事や食べ過ぎは臓器に負担を与え、代謝物が通過するときに炎症を起こすもとになります。ファスティングをすると、消化器系は休息を与えられ、その分、きれいになります。炎症が起きていた組織は再生され、栄養素をよく吸収するようになります。

3.余分なコレステロールの除去

脂肪の摂り過ぎやミネラルのアンバランスは、血中のコレステロールを必要以上に増やし、血液の流れを悪くして心臓病や脳卒中などの原因になります。ファスティングは、血液から余分なコレステロールを取り除き、血流を改善し、代謝を活発にします。

4.肝臓組織の修復

肝臓はアルコール、薬、食品添加物、重金属の解毒に働く器官です。加工食品や脂肪の多い食事は肝臓に負担を与え、肝炎や脂肪肝、肝硬変などの病気にかかりやすくなります。ファスティング中に、肝臓に蓄積された有害物質が解毒され、病んでいた組織が修復されるので、肝機能が正常に回復します。

5.便秘、宿便の排泄

脂肪の多すぎる食事やストレスなどによって便秘がちになり、排泄物が大腸に溜まったままになると、活性を失った細胞や老廃物が固まって、腸壁にこびりつき宿便となります。ファスティングを数日行うことで、宿便が排泄され、腸環境が改善されます。大腸は皮膚と密接な関係があり、宿便の排泄と腸環境の改善により、皮膚が健康になります。

6.理想の体重を保つ

肥満とは皮下脂肪や体脂肪率が多すぎる状態のことです。ファスティングは成人病の原因となる体脂肪を燃焼させて代謝を活発にし、本当の意味での理想的な体重を実現します。

7.毒物を排泄する

ファスティングは単なるダイエットではなく、汚染された体をきれいにする方法です。身体には化学物質、重金属、薬物など、正常な代謝の妨げとなる有害物質が想像以上に蓄積しています。有害物質は脂肪に蓄積しやすく、ファスティングによって脂肪が少なくなると、有害物質の排泄が促進され、組織が正常に働くようになります。

8.感覚を敏感にする

ファスティング後は、舌を覆っていた老廃物や化学物質のカスが取れて、食べ物の味がはっきりと分かるようになります。
味覚だけでなく、視覚や聴覚などの五感や感性が研ぎ澄まされ、心の状態も穏やかで清澄なものになります。これらはそれだけ体が健康になったことを示しています。

9.呼吸もきれいに

ファスティング中、体内のエネルギーが肺の細胞を修復するプロセスに費やされ、肺がきれいになります。
呼吸がスムーズになり、体全体への酸素の供給もスムーズになって各細胞のエネルギーを生み出す力がより強くなります。

10.免疫力を高める

臓器が休まると、白血球が活発化し、感染やガン細胞の増殖を抑える働きをします。また、ファスティングは、化学物質や重金属を解毒し、消化を正常にするのでアレルギーの緩和にも役立ちます。アレルギーは消化が不完全な場合に起こりやすくなるので、胃腸の状態を改善するファスティングが特に有効です。

大高酵素のご注文はこちら

大高酵素の飲み方 ~どのくらい飲むの?

健康維持や食生活改善法として飲まれる場合

一回分30~60mlを、一日1杯~4杯を目安にして、体重・体力・体調に応じて増減してお飲み下さい。

朝食・昼食などの「代用食」として飲まれる場合

一回分60~180ml前後を、普段食べる量を考えて増減して下さい。60mlはご飯軽く一膳分のカロリーがあります。

体質・体調を考えて飲まれる場合

血糖値が上がりやすい方

急激な血糖値の上昇を防ぐために、一回分の量は10~30mlほどを目安にお飲み下さい。水分で薄めて飲むことも上昇を穏やかにする方法です。

カロリー計算をされている方

消化済みでクリーンな食べ物であり、インスリンの負担も少なくなっており、またカロリー計算もしやすいために、糖尿病の方にとっては有効な代用食となりますが、総体的にカロリーオーバーとなってしまえば逆効果となってしまいます。60mlで約180キロカロリーを目安に食事と置きかえてお飲み下さい。

ダイエット目的で飲まれる場合

大高酵素60mlは、ご飯軽く一膳分のカロリーがあることを考慮に入れて飲用下さい。ご飯や動物性脂肪、動物性タンパク、砂糖分を減らして、その分を大高酵素で補うようにして下さい。排泄機能や、新陳代謝がスムーズとなり、無駄な皮下脂肪などが落ちていきます。いままで通りに食べ、さらに大高酵素を飲まれると、カロリーオーバーになってしまう場合もありますので、ご注意下さい。

虚弱な方が体力向上を目的として飲まれる場合

普通通りに食べた上で、大高酵素60~180mlほどを目安に、一日のうちに何度かお飲み下さい。あくまでも目安ですので、それ以上飲まれても構いません。腸のケアを目的として、少し多目にお飲み下さい。

大高酵素の飲み方 ~いつ飲むの?

一日のいつ飲むと良いのですか?

起床時や朝一番に飲む大高酵素は、効率良くエネルギーが摂れるために一日のスタートの活力を生み出してくれます。気力ある一日のリズムを作りたい方や低血圧などで朝が弱い方にはおすすめです。

昼・日中

消化時間を気にすることなくエネルギーの補給ができるため、忙しくて食事が不規則になる方や、疲れてきた頃の活力源がほしい方にも向いています。また、腸内のバランスケアを行いたいと考えている方も、この食間の空腹時を利用してみて下さい。

夜・寝る前

消化負担がなく吸収されるので、風呂上がりや就寝前に飲まれても差し支えありません。一日の疲れをとって翌日に残したくない方や、便秘がちで朝のお通じがほしい方などにもおすすめです。

一日2~4回

「朝・夜」、「昼・夜」、「朝・昼・夜」、「朝・昼・夕・夜」など、体重や体調や体力に合わせて、自分にフィットした組み合わせでお飲み下さい。

食事との関係は?

食事の前

太り気味でダイエットしたいと考えている方に向いています。食欲が抑えられて食事量を減らすことも可能です。

食事の後

胃腸が虚弱で太れない方に向いています。食事のあとに飲用すると、腸内のバランスケアにも役立ち、充分なカロリーも吸収できるため、活力が得られ体力増強につながります。

食事と食事の間

腸内のバランスケアを考えるなら、原液のまま空腹時に飲用するのがおすすめです。一般的に健康を目的の場合は食事と食事の間が最適です。

代用食・非常食

どうしても食べる暇がなかったり、また、病気で食欲がなくなったときの代用食として大変有効です。また生命維持に必要な災害時の非常食としても最適です。

大高酵素の飲み方 ~どのように飲んだら良いですか?

原液で飲む

腸内のバランスケアを考えている方は、なるべく原液のままお飲みになることをおすすめします。原液が一番ダイレクトに、腸粘膜や腸内微生物に良い影響をもたらします。

割って飲む

どうしても飲みにくい方は、慣れるまで「水や「スポーツドリンク」・「レモン汁」・「番茶・麦茶」・「牛乳」などで割って下さい。但し、薄められた分だけ「抗菌力・殺菌力」がなくなりますので、早めにお飲み下さい。

まぜて飲む

ヨーグルトに蜂蜜と同じ感覚で混ぜて下さい。用量は適度な甘みがつくほどで結構です。

大高酵素の食事療法

大高酵素はすでに消化済みでクリーンな食べ物であるために、食事療法の一環としてもご利用頂けます。食欲がない方や、消化能力がダウンしている方のみならず、流動食を利用されている方にも応用できるものであり、結果として、体力や免疫力の向上につながります。
大高酵素は「低分子・高カロリー」飲料でありながら、単なるブドウ糖・果糖などの糖質飲料とは違って、醗酵による特殊な糖構成成分などが含まれているために、その分は穏やかな吸収となります。

 大高酵素は体質、体調や飲み方によっては、急激な血糖値の上昇を招くこともありますので、重症な状態な方や、慢性疾患の方など、生体恒常性というバランスをすでに壊されている場合は、やはり諸注意が必要となります。極めて少量から、様子をみながら試して頂くなど、服用に際してご不明な点はお気軽に当店までお問合せ下さい。

※糖尿病の方

1回の飲用量を10~30mlにし、大高酵素飲料のカロリーを計算に入れて、一日の総カロリー計算に組み込んでご利用するようにします。

※高カリウム血症の方

カリウム含有量は、通常の野菜と比較しても少ない量ですので、ほとんどの場合ご利用いただけますが、全くゼロではないので、重症の方はお気軽に当店までお問合せ下さい。

※食物アレルギーの方

低分子化されている成分が多く、アレルギー原因物質は極めて少ないと考えられますが、酵母や植物由来成分に反応してしまう重度の方はお気軽に当店までお問合せ下さい。





大高酵素のご注文はこちら

営業時間
平日 / 12:00~17:30 土曜日 / 12:00~17:00
定休日:日曜日・祝日

相談無料 お気軽にお越しください 予約・問い合わせはこちら

予約・問い合わせはこちら 0120-403-870

メールでのご相談はこち

漢方全般の相談はこちら

  • リスブラン他取り扱い しおみの杜ネットショップ
  • 漢方薬舗しおみの杜のfacebook
  • しおみの杜スタッフ募集中!!
  • 脱ステロイド 私のアトピー改善日記
  • 大高酵素を銀座で試飲
  • アトピーと向き合うためのコミュニティ
  • 地域情報誌「Ginza Net Times」(2010.4月号)『しおみの杜』が掲載されました。

ブランド Pick up !

リスブラン

リスブラン化粧品とは

リスブランは画期的な水のシステムPWS(パン・ウォーター・システム)の導入と、添加物を原則として配合しない成分構成により、敏感肌の方や赤ちゃんでも安心してお使い頂ける化粧品ブランドです。
リスブランのPWS水は、生体水に限りなく近く、組織への浸透性に優れ、皮膚が本来持っている様々な機能を引き出し、健康なお肌に導きます。

漢方全般の相談、アトピー、脱ステロイドは漢方薬舗しおみの杜(中央区銀座)へ

漢方薬舗しおみの杜│中央区銀座

〒104-0061 東京都中央区銀座3-11-16 G-3銀座ビル 8F

営業時間:平日/12:00~17:30 土曜/12:00~17:00 定休日:日曜日・祝日

相談無料 お気軽にお越しください 予約・問い合わせはこちら

予約・問い合わせはこちら 0120-403-870

ご相談の手引きはこちら

Copyright (C) 2009 Shiomi-no Mori All Rights Reserved.